2020年夏、海岸閉鎖の勝浦で遊ぶ

今年はコロナの影響で千葉県内の海水浴場はおそらく全て開設中止でしょう。

勝浦市のHPにはこうありました。

令和2年度 市内全海水浴場「開設中止」のお知らせについて
例年、7月中旬から8月中旬にかけて開設している市内4つの海水浴場(勝浦中央/鵜原/守谷/興津)ですが、本年は開設を中止いたします。

これまで市民並びに来場者の健康と安全を最優先事項として位置づけ、関係者と協議を繰り返してまいりましたが、新型コロナ禍、安全・安心な海水浴場の運営が困難を極めることから判断させていただきました。

海水浴場を楽しみにしていらっしゃった方には残念なお知らせとなってしまい恐縮ですが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、海水浴場が開設されない状況下において、市民の皆様並びにご来訪される皆様の安心・安全と海岸の秩序を守るため、関係団体はもちろんのこと千葉県や近隣自治体とも連携を図り、対策を講じる所存です。

重要:監視所やライフセーバーが配置されない海岸での遊泳は非常に危険を伴います。1年を通し高潮や離岸流等の発生により失われる命は全国で跡を絶ちません。大切なご家族やご友人の命を守るためにも、遊泳をお控えいただきますよう関係者一同心よりお願い申し上げます。

海水浴場を楽しみにしていらっしゃった皆さまには、残念なお知らせとなってしまい恐縮ですが、「勝浦の夏」の魅力は「食」「泊」「買」にもあります。
遠くから聞こえる波音と、微かに香る潮風の中、勝浦で「今年だけの静かな夏」をお過ごしになってみてはいかがでしょうか。

まぁ遊びに行くときにはこんなのは見ていませんので、県内はどこも海水浴場は営業しない、自己責任で遊ぶだけ~という感じで出発しました。



普段から、海水浴場がオープンする7月中旬~8月中旬は海より川に行きますし、海で遊ぶときはライフガードがいない時期ばかりなので、いつも通りです(笑)

勝浦で遊ぶとして、守谷海水浴場は駐車場が開かないとすると海岸近くの僅かな駐車場か民間の有料駐車場になるだろうし、鵜原海水浴場も同じような感じ、だったらと無料駐車場が通年使用できる興津港海浜公園を選び、夜のうちに到着、久しぶりの車中泊です。

着いたのは7時頃でしたが、結構車が停まっていました。

ハイエースの2列目を倒してラットスペースにクッションを敷いて寝床を確保し、スーパーで買ってきたお弁当を食べて、その後トランプで盛り上がりました。

後ろはこんな感じで板をはってあります。

そして、準備不足だった暑さ・蚊対策、、、はいやっぱり暑かったし、網の隙間から蚊が入ってきて「ぷ~ん」に悩まされました。

特に次男は眠れなかったようです。

三男は豪快に寝ていましたが、本人曰く蚊で眠れなかったと…。

うそつけ!(笑)

(帰ってからさっそく網戸の網を買ってきて窓枠に合わせて貼り付けられるようにしたので、次は大丈夫!なはず)



さて、そんな勝浦ですが、7:20時点の天気はこんな感じでした。

で、実際はこんな感じ。

その後も雨は一度も降らずに、どんどん晴れてきてこんな感じ!

 

遊ぶ人がどんどん増えてきました。

 

そして、海水浴客以外にやってきたのが、

マスク・フェイスガードを着けた警備員達…暑いのに大変でしたね。

「遊泳禁止です!」

なんてことは言わずにくれてありがとうございました。

さらに、やってきたのが、

海上保安庁の船。

「海水浴場が開設していないので、危険です、気をつけてください。」

とこちらも優しくアナウンス。

ありがたい、なんだかんだで海水浴場が開かれなくてもいつも通り遊べるじゃん。

って思っていたら、、、

昼過ぎに早めに遊びを切り上げて帰ろうとしたら、メイン道路から公園駐車場に入る道のところで警備員さんが入る車をシャットダウンしていました。

あぁ 駐車場が一杯だから仕方ないね。

と思っていたら、

帰りに通った

「守谷海水浴場」

「鵜原海水浴場」

とも海岸に入る道のところに警備員が立っていて、侵入を阻止していました。

海を見るとサーファーもいない。

あらぁ~ 完全に閉鎖しちゃったのね。

土日祝日だけかなぁ

平日もかなぁ

情報求む!


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です